医療レーザー脱毛のコース契約は通信契約のよう

クーリングオフがきかない

医療レーザー脱毛は、ほとんどの医療機関で回数契約となっています。5回とか6回とか、あらかじめ回数を決めて契約してから施術開始です。お試しキャンペーンをやっていることもありますが、そうしたキャンペーンがない場合、長期契約を結ぶのには大きな決断がいります。医療脱毛には、クーリングオフ制度が適用されませんからなおさらです。途中解約できるところもありますが、それができずに返金なしのところもあります。途中解約できても、解約金が結構な額になることも多いです。

何かに似ている気がするが

初めに長期契約を結び、なかなか解約できないって、何かに似ていると思ったら、インターネットのプロバイダーや携帯電話の契約にちょっと似ているんですね。そういう通信の契約では、初期費用が安かったり、大幅な割引きが受けられたりしますから、十分なメリットと引き換えの長期契約であり、高額な違約金なわけです。だから契約する方も、縛りって言って納得しているわけです。それでも疑問を持って、問題視する向きもありますが。

医療レーザー脱毛の場合

医療レーザー脱毛で長期契約を結んでも、それによる大幅割引きがあるわけでもないし、せめて途中解約がもっとしやすくなってもいいような気がします。まだ日本に導入されてから、わずか18年ほどの医療技術ですもの。受けてみなきゃわかりませんよ。何回レーザー照射が必要になるかなんて。都度払いが、利用者にとって最もリーズナブルなあり方なんですけどね。そういうシステムのところは、採算がとれなくなっちゃうんでしょうか。

全身脱毛を受ける選択肢として、クリニックもしくはサロンが挙げられます。費用や効果など、多角的な面から比較して、自分に合った選択肢を選びましょう。