心の病に注意!!心療内科利用で病気認定を

心が弱い方は認める勇気を

心が弱い人間はすぐに落ち込み、体にまで影響を及ぼす可能性があると言えます。あまりにも症状が悪化すると命の危険性すらあるため、心が弱い方は素直にそれを認める勇気も必要です。怠けている、かまって欲しいだけと言われるのが嫌だとか、心の弱さを人に見せたくない気持ちもあるかもしれません。それでも生活に支障をきたしてしまうよりも早めに心療内科などを受診して、周りに迷惑をかけないようにある程度の状態まで改善する事が大切でしょう。

都合の良い病気認定を

心の病気においては明確な判断ができずに会社を休んだり、長期休暇をもらいにくい病気だったと言えるかもしれません。しかし、心療内科などに行くと診断書なども出してもらえるようになり、会社への言い訳にも都合が良い世の中になったと言えます。会社も後々のトラブルが面倒ですので、承認せざるを得ず運が悪かったと諦める事もあるでしょう。長く休むと将来的には会社を解雇する理由を見つけて解雇される場合があるかもしれませんが、命には変えられないと言えます。

周りに相談するよりも医師に相談する

心が弱いためにうつなどに似た症状を会社などでアピールしたり、心の病を緩和する薬を飲んでいる事を話したりするのは周りも迷惑ですので、発言しない方が良いでしょう。心療内科の医師が専門ですので、医師と相談してなるべく改善できるように努めると良いです。心が弱い事は罪ではないですし、それは仕方のない事かもしれません。しかし会社や周りに迷惑をかける事だけは避けて、なるべく人に頼らずに解決していくと良いでしょう。

胃痛や腹痛など、さまざまな体の不調を自覚しているなら、早めに三鷹の内科で診察を受けましょう。適切な治療を受けることができます。