歯の治療をしたいのにお金がないときはどうする?

とりあえず歯科に行って診てもらおう

虫歯になっている歯が何本かあるので歯科で治療をしたいけど、お金がまったくないという場合はどうすればいいのでしょうか。こういった場合、お金が貯まるまで待っていると、その間に歯が悪化していくので、まずは歯医者に行ってみましょう。初診の場合は受けつけ後にアンケートのようなものを書かされますが、それに「希望する治療方針」といった項目があったら、悪い歯だけを治してほしいと書きましょう。そうすれば、本当に治療が必要な歯を最優先で治療してくれます。

一ヶ月に一回通えば初診料を取られずに治療できる

次に、歯医者に行く間隔を工夫しましょう。前回の治療から一ヶ月以上空けてしまうと、次回はまた初診料を取られてしまうので非常にもったいないです。なので、最長で一ヶ月空けて通うようにすれば、治療費の支払いは月一回で済むのでそれほど負担になりませんし、歯も少しずつですが治していくことができます。最終的にブリッジなど、義歯を入れることになる場合は、月一の治療の間にお金を貯めていくといいでしょう。ブリッジは保険でも必ず一万円以上かかるからです。

悪くなりかけの歯は放置しないことが大切

ひどい歯だけ治してもらったあとですが、悪くなりかけている歯を放置すると悪化して義歯を入れることになるという繰り返しになってしまうので、定期的にチェックしてもらうようにしましょう。よくいわれることですが、歯の治療は悪くなりかけているときに行うのが一番安く済みます。ブリッジを入れる治療になると、歯根治療、抜歯、虫歯の治療など、ありとあらゆる治療を行ったあとに数万円のブリッジ代がかかってしまうので大変です。

グルメで有名な地域ですが荻窪での歯科も駅周辺に数多くあります。院内設備も整っていてオシャレな落ち着いた雰囲気が患者さんにもリラックスして治療が受けられると好評です。